天然由来の葉酸サプリ

葉酸の1日に必要な摂取量は約400μgといわれており、野菜のほうれん草で例えると1キロ近くも毎日食べなければいけないという事です。葉酸は主に妊娠中に摂取することを進めていますが、悪阻などで大量に食べられない事を考えると、なかなか食事からの摂取は難しいように思えます。また、食事では吸収力も半減してしまうため、葉酸はサプリで摂取することを推奨します。しかし、葉酸サプリにもさまざまあり、どれを選んでいいのか素人には分かりません。葉酸サプリを選ぶポイントは、まずサプリに含まれている成分です。葉酸サプリには価格が手頃な商品や、中には倍以上の値段もするものまでありますが、その理由に安い葉酸サプリは化学合成物質で作られている事が多いのからなのです。手ごろな価格のサプリの成分表示を見てみて葉酸と記載している場合、ほとんどの場合化学合成物質によって作られたものです。葉酸は胎児の成長を助ける効果がある反面、化学合成物質により喘息を発症させてしまうリスクがあると言われています。そのようなリスクを避けるためにも、化学合成物質で作られた葉酸サプリは避けておく必要があります。では、どの葉酸サプリを選んだらいいのかというと、天然成分由来と記載されているサプリを選ぶと良いのです。このような成分表示を確認して見分けることがポイントなのです。天然由来のサプリとは、栄養素を自然な食材から抽出して、凝固させたものの事です。少量のサプリの服用で簡単に摂取できるだけでなく、さまざまな野菜の栄養素が凝縮されているため、相乗効果が期待されます。

無添加の葉酸サプリ

本来食事から栄養を摂取しなければいけませんが、現代では栄養が偏った食事が多く、栄養が多く含まれた野菜を食べる機会が減ってきています。そこで簡単に栄養補給ができるサプリが人気を集めており、サプリメント市場も広がってきていますが、驚くほど高額であったり、コストパフォーマンスとして500円などワンコインで購入できる安いサプリメントがあるほど種類はさまざまです。その差はサプリに含ませている成分によって異なります。サプリのほとんどは添加物が含まれている物がほとんどで、無添加と書いてあるサプリでも成分表示を見てみると、添加物が含まれている場合があります。添加物と言えばあまり良くないイメージがありますが、添加物でも良いものと良くないものがあるのです。危険な添加物には、発がん性のあるものや、妊娠中に摂取することで胎児に奇形を及ぼす可能性がありますが、安全な添加物とは、元から食品などに含まれている成分であり、実験などで摂取しても何の危険性も起こらなかったものです。加工食品などの成分表の中にはビタミンが含まれますが、これも添加物です。無添加と呼ばれるサプリは、なるべく自然な食材を濃縮した成分を使用していますが、少なかれ安全なものと呼ばれる添加物が含まれています。また、添加物を含めることで、葉酸サプリですと通常よりも葉酸の吸収率があがったりなど、嬉しい作用もあるのです。無添加にこだわる人も多いのですが、サプリを摂取するには添加物は最低限必要なものだという事を理解する必要があります。

ミネラルとビタミンと葉酸サプリ

葉酸の摂取はとても大切なことという事は知られてきていますが、それと同時に相乗効果の期待により他の栄養素も摂取したいと思う人は多くいます。特にサプリで摂取したいと思う栄養素はマルチビタミンやミネラルをとりたいと思う人が多く、葉酸と一緒に複数のサプリの摂取は大丈夫なのか?と不安になることがあります。葉酸はビタミンの一種として知られていますが、別名ビタミンMよ呼ばれています。実は葉酸は元々マルチビタミンやミネラル含まれており、マルチビタミンやミネラルのに摂取により自然に葉酸を摂取できているのです。そのため、葉酸サプリとは別にマルチビタミンとミネラルのサプリを摂取すると、知らないうちに葉酸の過剰摂取になる可能性があるのです。葉酸の1日の必要摂取量は400μgが理想ですが、摂りすぎても1000μgに抑えることが大切です。葉酸は多少取りすぎても水溶性のビタミンですので、尿と一緒に排出するのですが、あまりにも大量に摂取してしまうと、逆に体調を崩す可能性があるので、身体にとって良いものでも、摂りすぎには注意が必要です。また、食事でも葉酸は摂取できるため、食事からとサプリからの摂取のバランスも考えることが大切です。どうしても葉酸サプリとマルチビタミンやミネラルを摂取したい場合は、マルチビタミンとミネラルが配合されている葉酸サプリを選ぶことをお勧めします。一つのサプリで摂取したい成分が簡単にとれるので、何種類ものサプリを買い占める必要もなく、1種類のサプリで摂取できるので、過剰摂取も防ぐことができます。